ひまわり展

ホーム  »  ひまわり展

『ひまわり展』の開催目的

日本は今後2人に1人は”がん”になる時代と言われています。

そこで、国は「がん対策推進基本計画」を策定し、がん検診の目標値として「5年以内に受診率50%(胃、肺、大腸は当面40%)」が掲げられました。その計画に基づき、全国ではがん検診に力が入れられ、平成28年度の胃・肺・大腸の全国でのがん検診率は当面の目標の40%を超えました。

その一方で、H28年度の大村市のがん検診率は胃14.4%、肺11.4%、大腸10.0%と全国平均より大幅に下回っており、子宮がん・乳がん検診を含めると長崎県内でも低い傾向にあります。

そこで、まちなか保健室では、”ひまわり”をサロンのイメージフラワーとして、がんの患者が集う場所である”がんサロン『ひまわり』”をH28.12より開設していますが、がん予防啓発活動も行う必要があると考えました。

この状況を踏まえ、大村市国保けんこう課と共同で「ひまわりの花」を”がん”に関連するイメージフラワーとして大村市民の皆様に定着させ、夏のひまわりの時期になると、がん予防や検診について自然に家族や仲間同士が話している地域を目指そうという試みを始めてみることにしました。

その第一歩としまして、平成30年度、第一回がん予防キャンペーン『ひまわり展』を8月15日~25日に開催いたしました。

第一回がん予防啓発キャンペーン『ひまわり展』のご報告

●開催日時:平成30年8月15日(水)~8月25日(土)、8時半~17時

(25日を除く土日は休み)

●表彰式:8月25日(土)、14時~14時半

●応募件数:絵画及び写真84

●表彰作品20点(市長賞1点、医師会長賞1点、在宅医療サポートセンター賞2点、KTN賞1点、入選15点)

●表彰式典参加者:68

●『ひまわり展』来場者感想~来場者記帳簿より~

・どれも素晴らしい絵で見て感動した。(40代・男性)

・ひまわりの温かさが伝わりました。(70代・女性)

・色々なひまわりを見て、元気をもらいました。(40代・女性)

・皆様の作品に元気と幸せな時間をいただきました。(60代・女性)

等、その他お子様からご高齢のたくさんのご感想をいただきました。

ありがとうございました。

 

この企画にご参加・ご来場くださいました多くの市民の皆様、そして関係機関の皆様に感謝し、今後も年1回8月に開催していきたいと思っております。より多くの市民の皆様にこの活動を知っていただき、大村市に全体に広がっていけたらと思っております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ひまわり展応募要項
ひまわり展ポスター
ひまわり展の様子
ひまわり展表彰者
ページの先頭へ