まちなか保健室

ホーム  »  まちなか保健室

まちなか保健室

大村市医師会在宅医療サポートセンターのホームページへのアクセスありがとうございます。日頃より当センターの活動に対し、ご理解とご協力を頂いておりますことを心より感謝申し上げます。

 大村市では在宅医療を普及させるため、市民の皆さまの医療介護に関するあらゆる相談に対応できる拠点を目指して平成28年4月に開設しました。別名を「まちなか保健室」と名付けました。そして、平成29年4月には大村市より在宅医療・介護連携推進事業を委託し、運営しております。

 

現在、持病や生活力の低下で困っておられる方々が、気兼ねなく相談できる窓口として、ご利用頂きたいと思います。場所は旧浜屋ビルの二階にあり、お買物の帰りにでも寄って頂けると有り難いです。予約も費用も必要ありません。経験豊富なスタッフが対応させて頂きます。

また、超高齢化社会において、地域での医療分野と介護分野の連携は、今後ますます重要になってきますが、同センターは大村市の地域包括支援センターと同じ場所(2階)に隣接しており、こちらにおいで頂ければ、医療・介護に関する多種多様の相談に、対応させて頂くことが可能となりました。
同センターには相談業務以外にも、市民の皆さまのお役に立てる機能がございます。 『まちなか保健室の業務』をご覧いただけますと、こちらがどのようなことを担っているかがお分かりいただけると思います。 

大村市が掲げる『時々入院ほぼ在宅』の実現に向け、市民の皆様が「住み慣れたまちで安心して暮らし、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができた」と実感できるよう、地域包括システムの構築に向けて、まちなか保健室は行政と一体となって邁進してまいります。  


ページの先頭へ